ねこすけのはらぺこ日記

いつからかわからないくらい前から、私のそばにこのねこすけがいました。ねこすけは私、ひつじさんは夫がモデルになっています(実際の夫はこんなに天然ではありませんが)2児の母で、子どもたちは通称ミニラーズ。兄けーちゃん、妹ちーちゃんの活躍もブログで紹介しております。パワフルです。すごく。

チョコが好きじゃあ大好きじゃあああああ~バンホーテンのチョコレート

商品紹介 | バンホーテンチョコレート | グリコ
今グリコで発売しているバンホーテンのチョコレートが気になっていたら
思いがけず旦那のお姉さまにいただいたので
保育園帰りのミニラーズと一緒におやつタイムで食べました。



やっぱりチョコレートは一粒に幸せがつまってるううう……………‼️
そしてコーヒーとともに❗️☕️🍫
コーヒーと合わせるか合わせないかだけで
私の幸せ指数が1.5倍から違います(笑)ほんとに。
ありがとうございます姉よチョコよ…………!!!!!!


まぁそれは置いといて気になったのは、
バンホーテンを作ったバンホーテンさんはどんな人なのかな?
バンはヴァンってほんとは読むんじゃない?
ヴァンって伯爵の称号だっけ?
ってなんとなく気になって調べてみました。
----------------------------------------------------------------------------------------------
バンホーテンはオランダの食品メーカー。
1828年にココアパウダーを世界で初めて作り、ココアの代名詞ともなっている世界的企業。
社名は創業者の名前による。
この会社は1962年にアメリカのW.R.Grace社に売却され、その後の変遷があり、現在はフィリップモリス社が経営しているがブランドは保持している。 
Van Houten の正確な読みは「ファン・ハウテン」に近い。

カスパルス・ファン・ハウテン(Casparus van Houten, 1770-1858)は1815年にチョコレート工場を創業した。1828年にはカカオ豆からカカオバターを除去してココアパウダーを造る製法の特許をとった。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

残念ながらどんな人かよくわからなかったけど、今の世の中にココアパウダーがあるのは
ファンハウテンさんのおかげですね(笑)
あとこんなのも見つけました。

------------------------------------------------------------------------------------------------
VAN HOUTEN。オランダ由来のファミリーネームである。
オランダ語での本来の発音は「ファンハウテン」。
古いオランダ語で「Hout」は「林」と言う意味で、「VAN HOUTEN」は「林の」「林出身の」と言う意味になる。オランダの都市ユトレヒトの地名「Houten(ハウテン)」と関連しているケースもあるという。




伯爵の線は消えましたね。残念ですー。















広告を非表示にする